失ったデータを取り戻す力を持っている業者が、現在多く存在している

格安で復旧する方法

データ復旧をお得に利用するために出来る工夫

昔に比べてだいぶ安くはなりましたが、それでもデータ復旧サービスは障害状況によっては復旧費用に10万円以上掛かることも珍しくありません。そのためサービス利用時には、出来るだけ料金を安くしたいと考える人も当然多くいます。 データ復旧サービス利用時に、ちょっとした工夫によって実は料金を下げることも可能です。その方法の1つが持ち込みによる修理依頼です。通常はデータ復旧を依頼する場合は、会社に宅配便を使って届けますが、会社が近くならば持ち込みによる修理依頼で宅配便の料金を節約できます。 またもう1つの工夫できるお得な利用方法として、復旧データのを選別して特定データだけ復旧できる会社を選んで利用するのも、メディアの一部だけのデータ復旧となるため、大幅な料金引き下げが可能です。

サービス利用料金の相場は論理障害か物理障害かで変わる

1万円程度で料金が収まることもあれば、数十万円掛かることもあるのがデータ復旧サービスです。その料金の大きな差異を生んでいるのが、論理障害か物理障害かの違いです。論理障害の方が復旧費用が安く、物理障害の方が料金が高くなるのはどの業者においても共通しています。 具体的な相場価格としては、論理障害の場合は1万円から5万円ほどが目安の修理料金となります。物理障害の場合は4万円から数十万円まで考えられます。このためデータ復旧依頼前に利用料金の相場価格を知るためには、事前に論理障害か物理障害か判断することが重要です。 またデータ復旧の料金相場はメディアによっても変わります。前述の相場価格はハードディスクのものであり、これがUSBメモリやメモリーカードだと、1万円から10万円ほどが相場価格になります。